今後の自動車業界の行方

今後の自動車業界の行方は、いろいろな企業が出てきての激しい競争が展開されることになりそうです。これまでの自動車業界は、大きな企業数社による競争というスタイルでした。それは、車のエンジン関係の部品を作る技術というものが極めて難しいことや、生産には大規模な設備が必要になるといったことがありました。そのため、一部の大企業しか車を作れないったことになっていたのです。

ですが、その状況は今後は大きく変わっていくことになります。それは、電気自動車の登場によるものです。これはエンジンというものがなくなり、その代わりにモーターが動力源となります。モーターは簡単に入手出来るうえに、扱いやすいので誰でも扱えるといっていいでしょう。

そうなると、電気の車というのは誰もが作れるということになってくるのです。イメージ的にはプラモデルの車を想像するといいでしょう。子供がモーターのついたプラモデルの車を組み立てるというのは、よくある光景ですが、その延長線上に電気の車はあるといってもいいのです。ですから、これまでのようなエンジンやその周りの部品というのがまるまるなくなることになります。

そうなると、組み立てといった工程もかなり簡略化できますし、組み立ての工程で大きな設備を持ってなくでも組み立てることが出来るようになるのです。今でも多くのベンチャー企業が誕生して、いろいろな車を作っています。車業界の参入障壁が低くなったことで、多くの人にチャンスが生まれたわけです。24時間のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です