自動車に使用されるレアメタルの削減

中国やロシアなどの資源大国は、レアメタルや天然ガスなどの資源を他国との外交の切り札としてしています。中国の資源外交は、50年以上前の毛沢東や蒋介石の時代より計画されていた事であり、自動車メーカーは中国のレアメタル輸出量削減で大きな痛手を受けた事実があります。自動車には、ハイブリッドシステムに不可欠なリチウムなど部品に多くのレアメタルが使用されています。自動車の排気ガス浄化システムは、白金やロジウム、パラジウムなどのレアメタルをセラミックや金属の基材に塗布したものにエンジンからの排気ガスと接触させる事で、炭化水素や一酸化炭素、窒素酸化物などの有害物質に触媒反応が起こり、水と炭酸ガス、窒素などに変換され無害となります。

触媒材料に使用される白金やロジウム、パラジウム、セリウムなどのレアメタルの産出量の80%~90%が2~3か国から輸出されている事と精錬コストがかかる事などから非常に高価です。日本国内では、中長期にわたる安定供給を確保する為に輸入先を分散したり、備蓄量や備蓄項目を増やして対応しています。企業では、ジルコニア粒子の表面にセリアジルコニア相とセリア相を形成するコアシェル構造をつくりセリウム使用量を30%低減する助触媒用材料を開発やナノレベルの結晶組織制御と解析技術でレアメタル微粒子を分散させる酸化物に鉄系酸化物を使用し触媒をより活性化させ、レアメタルの使用量を7割削減する技術などの研究開発が行われています。24時間のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です