信頼できる中古車の診断書の読解力をつける

車業界の人間は中古車の仕入れをオートオークションで行っています。ここは、一般の人は参加できない市場ですが、そこでは査定員の専門資格をもっている人間が明確な基準をもとに査定しているのです。その結果を示したものが査定表で、信頼できる車の診断書となります。中古車販売業者やディーラーはこの査定表というものもみながら取引を進めていきますので、オートオークションで仕入れた中古車にはすべてこの査定表があるのが基本です。

そのため、自分がほしい車の状態を知りたいときは、その中古車を販売しているお店に、その査定表を見せてもらいます。この時にごまかされたり、査定表を見せてくれない店は何かしらわけありということなので、怪しい確率が高いのです。それを踏まえたうえで、中古車を購入するお店を選べば、だまされる確率が大幅に減ることになります。そうは言っても、査定表の見方がわからない、下取り車や買取した車には査定表が存在しないのではという問題も出てくるものです。

そのため、査定表の簡単な見方と車の目利きを把握する必要があります。また、下取り車はそのお店の店頭に出さないケースが多く、理由は下取り金額にいくら上乗せして売っているのかがわかってしまうためです。そのため、下取り車はオークションに出したり、仲間の業者に売ったりするのが一般的になります。そのような事情から、下取りと買取の価格の差があまりなくなってきているというのが現状となっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です