自動車自動運転と運転を楽しむ為のシステム

自動車は、2つの進化を始めています。一つは、人工知能やプログラムによる自動運転車両、もう一つは従来通りの人の操作による車両です。自動運転車両は、F1にも参戦しているドイツの自動車メーカーが2014年に首都ベルリンより郊外に向けて100Km以上の走行テストを成功させており、早ければ2016年には市販化されます。日本では、衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報機能などの安全運転支援システムが市販化されており、国内でも自動運転システムが盛んに研究されています。

しかし、その反対により快適に人が運転出来る様にする為の装備も研究されています。日本のホンダとパワーユニットを積んでF1に参戦しているイギリスの自動車メーカーのマクラーレンが、新しく発表した自動車のフロントガラスにはワイパーが装着されていない事で注目されています。ワイパーを不要とするシステムは、音速を超えるジェット戦闘機に搭載されているシステムをフィードバックした技術であり、超音波で水滴などの付着を防ぐシステムです。現状は、高額な装置となっていますが、一般大衆車に装備される様になれば2000円でお釣りが来る程度の装着とされています。

自動車は、基本的にハンドルをきる事で曲がっていましたが、スーパーハンドリングオールホイルドライブシステムは、4つの車輪に伝えられている前進する為の駆動力をコントロールして、駆動力から旋回力を生み出すシステムです。簡単に言えば、基本的にカーブではデファレンシヤルギアによって内側の車輪より外側の車輪が多く回転する様になっていますが、この一連の仕組みをコンピューター制御により4輪で行うシステムです。又、シンクロレブコントロール付きマニュアルトランスミッションなど運転を楽しむ為のシステムも開発されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です