レンタカーで借りることができる福祉車両

レンタカー店の中には、様々な種類の福祉車両を用意している店舗があります。時々しか福祉車両を使わない場合は、レンタカーを利用するのが経済的でおすすめです。レンタカー店に用意している福祉車両の多くは、足が不自由で車椅子で生活している方がスムーズに乗り降りできるように作られていますが、いくつかの種類があります。一つ目はスロープタイプです。

後部ドアを開けるとスロープが付いていて、介助者といっしょに車いすのままクルマに乗り降りすることができるようになっています。車内では車椅子を固定することができるので安定しています。二つ目は、後部ドアの部分に昇降リフトが付いているタイプです。スロープを付けたくても急な角度になってしまうような場合に、昇降リフトを取り付けます。

操作はとても簡単で、安心して利用することができます。ミニバンにこのタイプが多く、大勢で出かけるときに大変便利です。三つ目は、助手席や2列目シートが回転して、乗り降りがしやすくなっているタイプです。回転シートが回転するだけでなく、昇降することも可能なタイプもあります。

さらに、回転シートを脱着させることができ、外したシートにタイヤが付いていて、そのまま車椅子として使用することができます。病院などに送迎するときに大変重宝します。四つ目は、足は不自由でも手動でアクセルやブレーキを操作することができるようなタイプの福祉車両もあり、ニーズに合わせて選ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です