福祉車両のレンタカーを効果的に利用する

高齢者が増えるに伴い、その移動に於いても大きな問題が生じています。足腰が弱って歩けなくなる人も増え、自らの足で移動のための自動車に乗り降りできないという人も増えてきています。そのようなときに役に立つのが福祉車両です。この車両は通常の自動車に高齢者や足の不自由な人が安全に乗り降りできるような様々な改造が行われているもので、自動車メーカーも高齢者が今後も増加することを見込み、福祉車両の開発と生産に力を入れています。

しかし、福祉車両はベースとなる車両に昇降機や車いすの固定装置、或いは入浴介護装置など様々な機能を盛り込む改造を手作業で加えることが多いため、その価格は非常に高額なものとなるため簡単に購入できるものではありません。また福祉車両が必要とされる場合は限られており、高い価格で購入したとしてもその費用に見合うだけの稼働を見込めないのが実態です。その為、多くの介護施設などではレンタカーを利用するところが増えています。レンタカーで有れば必要な時だけ借りて使用することができ、その費用が節約できる上に、高齢者に対するサービスも向上するため、非常に効率が良いとされてその需要が増えています。

これを見越して、福祉車両を扱うレンタカー会社も非常に増えているのです。また、このような車両をレンタカーで借りることができるようになったことで、従来では価格面で使用することができなかった中小の介護施設や、地域の高齢者の集まりなどに於いても気軽に使用できるようになり、活躍の場が広がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です