福祉車両をレンタカーをするとき

高齢化のこの時代、在宅介護・医療が増えてきており、政府の指針として医療費抑制の為に、在宅介護を推奨しています。今後、高齢者が在宅で生活していく世帯が多くなると予測されますが、その際、足腰が不自由な高齢者が車に乗って移動する際、福祉車両の準備が必要になってきます。福祉車両は殆どと言っていいほど、ミニバンサイズの車両となっています。座席が回転して自動で昇降の際に降りてくるものや、後部座席の床面自体が昇降可能な物など、その機能は様々です。

近年、レンタカー会社でもこの福祉車両の取り扱いが増えてきているのは、時代の流れに沿って、商品を品揃えしている為と言っても過言ではないでしょう。その福祉車両をレンタルする際に注意しなければならない事は、車両のサイズや機能ではなく、車椅子のサイズや実際に福祉車両を利用する方の身体機能能力です。車椅子のサイズは様々で、福祉カタログを見るだけでも、100近くの車椅子商品が掲載されています。車輪の大きさやホイールの幅など、概ね一定規格内で商品が販売されていますが、特殊な車椅子も存在する為、必ず、車椅子がレンタカー予定の車に適合するか確認するべきです。

レンタカー会社に問い合わせておく必要があります。身体機能能力に関しては、座席に座っていられるか、自力で座位が保持できるかなど、考慮しておく必要があります。肘掛が大きいものや背凭れの角度が調整できるだけでなく、座面の角度も調整できるものなど、機能は様々です。使用する人が楽に、楽しく、外出できるように事前の準備はしっかりしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です