福祉車両のレンタカーで家族だんらんのひと時を

病気や障がいなどにより、身体が不自由になった場合は家に閉じこもりがちになってしまいます。車いすなどでは外出が不自由なため仕方のない面もありますが、それでは気分がますます滅入ってしまいます。たまには家族団らんで外出する機会を設けることは、精神的な健康を保つうえでも不可欠なことといえます。ただ外出するとなると移動手段の確保が大変です。

バリアフリーが徐々に進んでいる公共交通機関といえども、まだまだ車いすでの移動には不自由がつきまとうのが現実です。そこで外出時の移動手段としては、車いすのままで乗り込める福祉車両を使うというのも一つの方法です。最近は多くのレンタカー会社で福祉車両も取り扱いをしています。車なら多くの荷物を積むことができるので、何かと荷物が増えてしまいがちな障がいを抱える人の旅行にも、非常に適していると言えるでしょう。

福祉車両を借りたい場合は、まずレンタカー会社に問い合わせることから始めます。取り扱い店舗が増えたとはいえ、台数はそれほど多くありませんので、利用当日に使用できるかどうか確認しておくことが必要になります。また福祉車両を専門的に取り扱っているレンタカー会社も登場しているので、近くにそのような会社がある場合はそちらを利用してもいいでしょう。専門性が高いので福祉車両のレンタカーのラインナップが充実していたり、配車や引き取りのサービス、器具の使い方の指導などが行き届いている場合があります。

24時間のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です