レンタカーで福祉車両を選ぶ人が増えています。

体の不自由な方や、高齢者と一緒でも、快適にお出かけしたい、と思う人は多いのではないでしょうか。高齢化社会といわれている現在、様々な理由でハンディキャップをお持ちの方と出掛ける機会は、一昔前に比べて増えています。そんな時、交通手段として便利なのは、やはり自家用車ですね。しかし、お出かけのときのためだけに自家用車を福祉車両にするのは、なかなか難しいですね。

そんなとき福祉車両のレンタカーを利用する人が増えています。以前は、社会福祉協議会などでしか借りられなった福祉車両ですが、今は多くのレンタカーの会社で気軽の借りられるようになりました。借りる方法も、通常のレンタカーと変わりありません。種類も豊富です。

一般的には、自動車に車椅子のまま乗れるタイプのものが知られています。しかし、現在では、乗る方の身体状況や好みに合わせて、様々なタイプの福祉車両があります。移乗動作がお一人でもできる方や、介助人が少し手を貸せば自動車のシートに移れる方にお勧めなのは、昇降シートや回転するシートがついたタイプです。実は、多くの車椅子は長時間同じ姿勢で座っているのはとても苦痛です。

もともと椅子ではなく、移動手段として作られているものだからです。その点、自動車のシートは乗り心地が良いように開発されていますので、長時間乗っても疲れません。福祉車両をレンタルするときは、ぜひ、乗る方の体の状態に合わせた車両を選んでみてはいかがですか。レンタカー会社によっては、専門の知識を持ってアドバイスしてくれるところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です